ジオン脅威のメカニズム

よう、矢斬だ。ガンプラを簡単にかつカッコ良く製作していくぞ。しっかりついて来いよ!エアブラシ?美味いのかそれ。1ミリ延長?魔法かそれ。そんなものは無くていい!ちなみに最近は「ドッカンバトル」と「ログレス」に熱愛中だ!

ブリーフィングルーム(57)

よう矢斬だ。
ついに「ラブプラス+」の発売日が決まったな。

6/24(木)だ!

さて以前も書いたが、DSi用でラブプラスの本体ケースが発売されている。
しかし俺の本体はDSi LLだ。
当然これは使えない。

そこでせっかくラブプラス+発売日決定記念としてDSi LL用本体ケースを作ってみようではないか。



まず用意するもの。
・プロテクトケースDSi LL(透明)


・インクジェットプリンタ用MIRACLE DECALクリアー


・水性クリアー光沢スプレー



1)フォトショップで素材イラストを加工しよう。
大きさや色合いを調整したり、不必要な部分を消したりするんだ。
DSCF1716.jpg


2)それをカラープリンターでインクジェットプリンタ用MIRACLE DECALクリアーにプリントアウトしよう。
DSCF1717.jpg


3)完全に乾いたら水性クリアー光沢スプレーを全面にスプレーしてコーティングするんだ。
一気にたくさんスプレーするのではなく、薄めにしよう。
乾いたらまたスプレーだ。
これを2~3回繰り返す。
きちんとコーティングしないと、水につけた時インクが流れ出してしまうぞ。
あと必ず「水性スプレー」を使ってくれ。
でないとデカールが溶けてしまうからな!!


4)コーティングが完全に乾いたら水転写シールの要領でプロテクトケースに貼付けよう。
切り取る時、イラストギリギリではなく余白も多く切り取ってくれ。
隙間から水が入り込む可能性があるんだ。
DSCF1728.jpg
これも完全に乾いたら今一度水性クリアー光沢スプレーでコーティングしよう。


5)そして完成だ。
DSCF1729.jpg DSCF1730.jpg
いかんせん下地の隠ぺい力が弱いせいか発色がよろしくないのでわかりやすいように白の紙を入れてみた。


ちなみにこれが実際本体に入れてみた画像だ。
DSCF1731.jpg
たまたま俺の本体が白だったので良かった。




ま、戯れにすぎないものかもしれないが、うまくやればプラモ製作にも使えるテクなので練習にはいいんじゃないかな?
14:07 | トラックバック:0 | ブリーフィングルーム |TOP



トラックバックURLは http://mazakurero.blog77.fc2.com/tb.php/416-b515ed68

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

プロフィール

矢斬・芸武流

Author:矢斬・芸武流
よう、矢斬だ。
どれだけ楽をしてカッコ良くプラモを作るかの製作日記だ。
積んどくモデラー達よ、俺について来い!
「ドラゴンボールZドッカンバトル」「剣と魔法のログレス」が泣く子も黙るほど大好物だ。

カテゴリ

よう、矢斬だ。
俺の直近の完成品を動画で紹介だ。

1/100 MG プロヴィデンスガンダムである。

ASSAULT KINGDOM QUIN-MANTHA (metallic Ver.)アサルトキングダム クィン・マンサ(メタリックVer.)を開封レビューしてみた。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード