ジオン脅威のメカニズム

よう、矢斬だ。ガンプラを簡単にかつカッコ良く製作していくぞ。しっかりついて来いよ!エアブラシ?美味いのかそれ。1ミリ延長?魔法かそれ。そんなものは無くていい!ちなみに最近は「ドッカンバトル」と「ログレス」に熱愛中だ!

HGBF トライバーニングガンダム(1)

よう、矢斬だ。
ついに「烈車戦隊トッキュウジャー」が最終回を迎えた。

俺の中で毎週かなり楽しみな戦隊だったんだよな。
トッキュウ6号闇の皇帝ゼット様が俺のお気に入りだ。
闇の皇帝ゼット様はラスボスだ。
しかも近年では珍しい顔出しの悪役だ(怪人に変身はする)。
役者は大口兼悟さんというイケメンだ、コンチクショウ。
本当にイケメンで始末に困る。
この人の演技がイイだよ。
ゼット様のふてぶてしさと妙な軽さの演技と口調が最高なんだ。
多分彼じゃないとゼット様はありえない。

ただ俺的には、最終決戦はあっさりしすぎていた気がする。
もっとラスボスの威厳と言うか、圧倒的な強さを見せてほしかったな。
前作「キョウリュウジャー」のラスボスもあっけなかったしな。
でもそれでもだ、ゼット様はいいキャラだった。
大口兼悟さんの中にキラキラを見つけたぜ!

一年間最高のイマジネーションをありがとう!と思いつつHGBF トライバーニングガンダムを作っていこう。



今回もまずはボディを作っていく。
このキットは上半身、腹部、下半身の3構成になっている。
DSCF9583.jpg
上半身。


DSCF9589.jpg
腹部。


DSCF9590.jpg
下半身。


DSCF9592.jpg
これらを塗装して組み立てた。


DSCF9593.jpg
すべて組み込むとこうなる。
今回のカラースプレーは・・・
・本体:ピュアホワイト、キャラクターレッド、クロームイエロー
・粒子パーツ(青):クリアーブルー、パールホワイト
これらを使用した。

粒子パーツ(青)は劇中の粒子キラキラを再現するため、クリアーブルーをスプレーした上に軽くパールホワイトを吹き付けた。
これで角度によって粒子キラキラ感に見える。
なお、クリアーパーツは光沢スプレー、それ以外はつや消しスプレーを吹き付けて仕上げている。
21:05 | トラックバック:0 | HGBF トライバーニングガンダム |TOP



トラックバックURLは http://mazakurero.blog77.fc2.com/tb.php/1558-290489bf

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

プロフィール

矢斬・芸武流

Author:矢斬・芸武流
よう、矢斬だ。
どれだけ楽をしてカッコ良くプラモを作るかの製作日記だ。
積んどくモデラー達よ、俺について来い!
「ドラゴンボールZドッカンバトル」「剣と魔法のログレス」が泣く子も黙るほど大好物だ。

カテゴリ

よう、矢斬だ。
俺の直近の完成品を動画で紹介だ。

1/100 RE/100 バウである。

ASSAULT KINGDOM QUIN-MANTHA (metallic Ver.)アサルトキングダム クィン・マンサ(メタリックVer.)を開封レビューしてみた。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード