ジオン脅威のメカニズム

よう、矢斬だ。ガンプラを簡単にかつカッコ良く製作していくぞ。しっかりついて来いよ!エアブラシ?美味いのかそれ。1ミリ延長?魔法かそれ。そんなものは無くていい!ちなみに最近は「ドッカンバトル」と「ログレス」に熱愛中だ!

RE/100 バウ(4)

よう、矢斬だ。
もう・・・・・・・


そろそろ・・・・・




いいかな・・・・・







1/144 HGUC ネオジオングを買っても。
もう我慢できねえよ。

ご神体を我が家に!、と思いつつRE/100 バウを作って行こう。




今回は下半身を作りたい。
DSCF1639_201702242143262ab.jpg
使うパーツはこれだけだ。


DSCF1640.jpg
このパーツにはバーニアモールドがついているので、ピンバイスで開口後メタルパーツを瞬間接着剤ではめ込んでみた。


DSCF1641_201702242145510b0.jpg
フロントアーマーの「龍飛」は付属のデカールを自分で貼付ける事になる。
このデカール、薄くて余白部分が目立たない素晴らしいクオリティになっている。
最後につや消しスプレーでコーティングしてしまえばほとんど分からなくなる。
ただ、貼付ける際、パーツの角度がついている部分は空気が入りやすいので注意が必要だ。


DSCF1642.jpg
さらに真ん中でカットして本体に組み込んで行けば、フロントアーマーの左右独立可動が可能となる。
簡単工作なのでぜひ試して欲しい。


DSCF1643.jpg
パーツ全てを組み込んだ。


DSCF1644.jpg
これで下半身は完成だ。
上半身と違い、変形ギミックがほとんど無いので簡単に作り上げる事が出来た。


DSCF1645.jpg
早速上半身と合体させてみたぞ。


DSCF1646.jpg
変形ギミックがあるとは言え、パーツがカッチリしているせいかポロリは無さそうだ。


DSCF1647.jpg
あとはこの背部にウイングを付けるだけだ。
次回から作って行きたい。
22:32 | トラックバック:0 | RE/100 バウ |TOP


RE/100 バウ(3)

よう、矢斬だ。
俺はMSは連邦系デザインよりもジオン系デザインの方が好きだ。
ガンダムよりもザクだ。
が、そんな中で数少ない好きなガンダムのひとつに「プロヴィデンスガンダム」がある。
もっともラスボス、つまりワルモノなんだけどな。
なんと!この度MGで発売される事が決定した!!!


やっべ、超カッコいいぜ!
当然ポチらせて頂いた。
ただここ久しくMGは作っていない。
今の俺に太刀打ち出来るか心配だ。

発売間にバウを完成させられるかどうか、と思いつつRE/100 バウを作って行こう。




今回もさらに上半身の作成だ。
DSCF1634_20170220211602f15.jpg
今回はこれだけのパーツだ。
画像の中に先端が黒い立方体系のパーツがあるのがおわかりか。
これは上半身と下半身を接続するパーツにもなる。
ま、腹部と言ったところか。


DSCF1636.jpg
上半身各部をオープンさせて先の腹部パーツをはめ込む。
こんなギミックが変形分離タイプの楽しいところだよな!
男心をくすぐる戦隊ヒーローロボの超合金のようだぜ。


DSCF1635_201702202121313e7.jpg
今回のバウはデカールは貼らない方向で作って行きたい。
あくまでアニメデザインを基準にしたい。
が、プロペラントタンクだけは少しだけ貼ってみた。
また、色もこれだけモンザレッドにしてメリハリをつけた。


DSCF1637_2017022021235218d.jpg
全てのパーツを組み込んだ。


DSCF1638_201702202124348f8.jpg
・本体:ブラック
・排気口等:クロームイエロー
・シャフト等:ブラック下地、メタルシルバー
・エンブレム:ブラック下地、メタルゴールド
だいたいこんな感じのスプレーを使った。
さて次回は本来なら背部ウイングを作りたいが、先に下半身を作って行こうと思う。
21:42 | トラックバック:0 | RE/100 バウ |TOP


RE/100 バウ(2)

よう、矢斬だ。
CMで頻繁にNintendo Switchが流れるようになった。

任天堂が起死回生で送り出す新型ハードだ。
なんだかオモシロソウだぞ。
画面持ち歩いてどこでも遊べるんだぜ!?
コントローラーもコンパクトだしさ。
友達の家で多人数で遊べる夢のコンパクトハードだ。
「いいなぁ」と思いつつamazonをさまよってみたら・・・・・・
現状価格は自らの目で確かめてみてくれ。

ショックで二度と帰って来れない樹海状態だ、と思いつつRE/100 バウを作って行こう。




今回も上半身を作っていこう。
DSCF1617.jpg
今回はこれらを仕上げて行きたい。


DSCF1618.jpg
本体黒塗装の後、赤丸の部分をシルバーのカラーペンで塗っておいた。
後ほどこれが効果的にな色分けになる。


DSCF1619.jpg
このパーツはシャフト式で繋がっている。


DSCF1621.jpg
こんな感じに収納される。
変形させた時によくわかるだろう。
シャフトは細いパーツなので破損に注意だ。


DSCF1631_20170219234647d76.jpg
そしてここまでのパーツを全て組み込んだ。


DSCF1632_20170219234721273.jpg
先ほどシルバーのペンで塗った箇所がお分かりだろうか。
黄色のパーツをかぶせるため、先にシルバーで塗っておけば簡単な色分けとなる。
もちろん黒のままでもいいし、違う色を先に塗っておいてもいいだろう。
俺はメリハリの意味でシルバーを選択してみた。
00:00 | トラックバック:0 | RE/100 バウ |TOP


RE/100 バウ(1)

よう、矢斬だ。
俺の情報網が甘かったせいか、いつの間にか休止状態だった夜中アニメ「ろんぐらいだぁす!」11話&12話の放送日が決まっていた!


たまたま番組表を眺めていたら気がついたんだ!
いやぁ危なかったぜ、大事な最終回を見逃すところだったぜ。
録画しておいたからその内観るが、一体この情報はいつ開示されていたんだろうなぁ。
つか、このパターンって完全に「ガルパン」の時とまるで同じじゃないか。
バイツァダストで時を戻したか?
しかしまあ、自転車乗りたいなぁ。
俺は自然大好きっオッサンコだから山ん中を疾走したいんだぜ!!
思い出してみれば、ドライブ中よく自転車部隊を見かけたっけ。
あん時は「よくこんなアップダウンを自転車で走ろうと思うよな。」と感心していたが、なんか気持ちがわかってきた!!・・・・・・・・・・・気がする。

ばーいしこばーいしこ♪と思いつつRE/100 バウを作って行こう。




そんなわけで今回作るのはRE/100 バウだ。
龍飛と書いてバウと読む、らしい。
夜露死苦と書いてヨロシクと読むのと同じ事か、グレミー?
今回はまず上半身を作って行きたい。
DSCF1612_20170216213804b6f.jpg
今回はこのパーツブロックだ。
前回のイフリート改はなにかといろいろ手を加えたので今回はなるべくシンプルにらくち〜んに作って行きたい。


DSCF1613.jpg
塗装して組み立ててみた。
変形機構があるせいか、この時点でいろいろ複雑なギミックになっている。
「なぜこのような機構になっているか?」今はよくわからんが、完成が近くになれば謎が解けるだろう。
なお、複雑なギミックでも組み立てはいたってシンプルになっている。
さすがバンダイ。
さすがRE/100。
なお使ったカラースプレーは・・・・
・本体:オレンジ、モンザレッド
・関節等:黒鉄色、ガンメタル
次回はさらに上半身を作って行きたい。
21:46 | トラックバック:0 | RE/100 バウ |TOP


RE/100 イフリート改(10)

よう、矢斬だ。
去年秋の新作アニメを録画したはいいがまだ観ていない作品が多い中、早くも冬の新作アニメが始まりつつある。
その中で「スクールガールストライカーズ」が始まったので観てみた。

同名スマホゲームのアニメ化で実際俺も遊んでいるゲームなので楽しみではあった。
ゲームでもべっぴんさんが山ほど出て来るんだが、アニメはさらにべっぴんさんに磨きがかかっていた。
人それぞれ好みはあると思うが、アニメのキャラデザはなんかイイ!!
このキャラデザでゲームをやりたいぜ。
もっと言えばゲーム中のあらゆる角度でぐりぐり動かし拡大するアレな。
あのモードを多いに活用、満喫したいんだぜ!!

なお俺は青い髪のコ(李野田 真乃)推しである!、と思いつつRE/100 イフリート改を作っていこう。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


今回は武器を作ろうと思っていたが、勢い余って残り全て(武器と頭部)を作り上げてしまった。
DSCF1592.jpg
まずは武器であるヒートサーベル2本だ。
これはサーベルを鞘のパーツで挟み込む作り方になる。
これだと塗装派は色分けに苦労してしまう。
しかしアイデアと簡単工作でこれを打破出来る。


DSCF1593.jpg
まずサーベルの付け根に注目だ。
T字になっている。


DSCF1594.jpg
これをニッパーで切り取ってI字にしてしまおう。


DSCF1595.jpg
次に鞘をいつもの通り接着剤がはみ出るくらい塗って組み立てよう。
乾いたら合わせ目を消す。


DSCF1596.jpg
あとはそれぞれ塗装すればいい。
ちなみにサーベルの塗装だが・・・・
・蛍光イエロー
・蛍光オレンジ
・モンザレッド
・クリアーオレンジ
・クリアーレッド
を贅沢にスプレーしたある。


DSCF1597.jpg
塗料が乾いたら「ンンッ!」と差し込めば完成だ。


DSCF1599.jpg
続いて頭部だが、メインカメラはメタルパーツとドーム型クリアーパーツを使って改造する。


DSCF1600.jpg
改造と言ってもそのまま瞬間接着剤でくっつけるだけだから簡単だ。
しかもこのクリアーパーツはUVライトでぼわっと発光するらしい。
俺はUVライトを持っていないからどう発光するかわからんのが悲しい。


DSCF1601_201701081847365be.jpg
本体に組み込んで完成だ。
ツノの先端はシャープに削り込んだ。


DSCF1605.jpg
早速腰に帯刀してみたぞ。
以前にも説明したが、今回はガンオンVer.で作成を進めてきた。
元々キットは腰に帯刀するものだった。
それをゲームと同じように腰に帯刀するように改造したわけだ。


DSCF1606_20170108210947b3e.jpg
これだけでかなりゲームに雰囲気が近付いたと思う。これも簡単工作だから以前の記事を参考に試して欲しい。
さあこれで完成したわけだ。
次回は完成品お披露目といこう。
21:12 | トラックバック:0 | RE/100 イフリート改 |TOP




| TOPページへ戻る| 次のページ > >

プロフィール

矢斬・芸武流

Author:矢斬・芸武流
よう、矢斬だ。
どれだけ楽をしてカッコ良くプラモを作るかの製作日記だ。
積んどくモデラー達よ、俺について来い!
「ドラゴンボールZドッカンバトル」「剣と魔法のログレス」が泣く子も黙るほど大好物だ。

カテゴリ

よう、矢斬だ。
俺の直近の完成品を動画で紹介だ。

1/100 RE/100 イフリート改である。

GFFユニコーンガンダム(覚醒仕様)GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE#1012を開封レビューしてみた。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード